アジア株式市場

アジア株式市場のページを説明

スポンサードリンク
「ポチっ」とご協力お願いします!

このブログの現在の人気ランキングは!?

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  人気ブログランキング 株式

最新の記事

アジア株式市場(5日)

株式市況/株式情報 ブログ


アジア株式市場(5日)


■香港株式市場

大幅に続伸。

上海株式市場が急伸したことが好感され、4週間ぶりの高値となった。



■東南アジア株式

主要市場が軒並み2カ月ぶりの高値となった。

原油相場の上昇を受けて、エネルギー関連株やパーム油株が買われた。



■ソウル株式市場

続伸。

利下げ期待からKBフィナンシャル・グループなどの銀行株が上昇したほか、新たな支援策に対する期待から双竜自動車が急伸となった。



■台湾株式市場

続伸。
終値ベースでは約2カ月ぶりの高値となった。

液晶表示装置(LCD)メーカーが、パネル価格安定化の兆候を背景に上昇を主導。



■上海・深セン株式市場

大幅反発。

政府のインフラ建設計画の恩恵を受けるとの期待から、工業用金属生産銘柄が上昇を主導。




■「株式マニュアルアナリスト」厳選3商材

 ★最強の完全自動売買ソフト!ドリームゲートU  \39,800

 ★渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム  \36,900

 ★バサラ投資術   \29,800



■株式投資情報 関連サイト

 >> 株式投資情報ランキング

 >> 株式人気ブログランキング

アジア株式市場、全般的に下落。

株式市況/株式情報 ブログ


2日のアジア株式市場


■香港株式市場

急反落。
世界的に景気後退が深刻化することへの懸念から本土系の金融、不動産株が下げを主導。



■東南アジア株式

大幅安。
前日の米国株式市場の急落を嫌気され売りが広がった。
世界経済の悪化に関する報道も相場を圧迫した。

フィリピンのマニラ市場は4.7%安、シンガポール市場は3%安。

インドネシアのジャカルタ市場Eは2.6%安、ベトナムのホーチミン市場は2.3%安、タイのバンコク市場は0.9%安、マレーシアのクアラルンプール市場は0.3%安。

バンコク市場では一時、株価がプラス圏に浮上する場面もあったが、政情不安に押されて下落に転じた。



■ソウル株式市場

続落。
米経済指標の発表後、景気後退懸念が強まり、ハイテク株や自動車株が下落。



■台湾株式市場

急反落。
米国株式市場の下落に加え、台湾積体電路製造による業績見通しの下方修正が影響した模様。


 
■上海・深セン株式市場

小反落。
他のアジア市場は総崩れとなったが、中国政府による景気刺激策に対する期待感に支えられ、下げ渋った模様。

深セン株式市場など他の中国株式は続伸となった。




■株式投資情報 関連サイト

トップトレーダーが行う一人勝ち空売り極秘テクニック
規制にかからない極秘の空売り手法とは?



 >> 株式投資情報ランキング

 >> 株式人気ブログランキング

■アジア株式市場市況

株式市況/株式情報 ブログ

アジア株式市場

<香港株式市場>
小幅続伸。
原油価格が上昇に転じたことでエネルギー関連株に買いが入り相場を支えた。ただ、ハンセン指数の組み入れ比率が高い英HSBCホールディングスが利食いに押されたため、指数の上昇は小幅なものとなった。


<東南アジア株式>
シンガポール市場は0.28%上昇したが、約5年ぶりの安値に近い水準にとどまった。
金融危機の悪化が企業利益を圧迫するとの懸念が優良株の上げ幅を抑えた。


<ソウル株式市場>
反落。
一時は8%近く上昇したが、KBフィナンシャルなどの銀行株が売られ、下落となった。
韓国政府が国際通貨基金(IMF)に金融支援を求めるとの噂から、後場には逆に、一時8%近く下落したが、その後、政府が支援を求める計画はないと表明したため、下げ止まった。


<台湾株式市場>
続伸。
金融株やホテル株が買われたが、ハイテク株が加権指数を圧迫した。


<上海・深セン株式市場>
急反落。
海外株高を受けて前半は上昇したものの、テクニカル的に重要な水準で失速。企業利益の弱さや景気減速への懸念が広がった模様。


■もっと株式投資情報を探す
 株式投資情報ランキング
 株式人気ブログランキング


■香港株式市場(22日):大幅下落

[株式市場] ブログ村キーワード

株式市況/株式情報 ブログ

香港株式市場(22日)

大幅続落となった。
アジア株式市場が世界的な景気懸念から急落する中、ハンセン指数は一時1万4000ポイント割れ寸前まで下落した。

ハンセン指数の終値は1万4266.60(前日比5.15%安)。
ハンセン中国企業株指数は7.79%安の6700.87。

不正為替取引の疑いで捜査を受けているCITICパシフィックは、24.7%の急落となった。



■もっと株式投資情報を探す
 株式投資情報ランキング
 株式人気ブログランキング

 

■アジア株式市場市況■ 香港、ソウル、東南アジア、台湾、上海・深セン

株式市況/株式情報 ブログ

アジア株式市場市況

香港株式市場

小幅続落。
香港の不動産株は反発、中国が小売電力料金を引き上げるとの観測からて電力株も買われたが、中国経済の減速懸念から中国本土市場で銀行株が下げた流れを受け金融株が売られた。


東南アジア株式市場

シンガポール市場は1.16%高となり、約2年ぶりの安値水準から上昇。売り込まれていた不動産株が買われた。

ジャカルタ市場は3.53%安。
ルピア安に圧迫され、2007年3月以来の安値水準となった。

バンコク市場は1.17%高。

マニラ市場は0.99%安。

ベトナムホーチミン市場は4.23%安。


ソウル株式市場

反発。
米リーマン・ブラザーズが身売り先を模索しているとの報道から、米株式市場で金融関連銘柄が上昇したことを受け、金融株が値上がりした。
鉄鋼株も最近の下げから持ち直した。


台湾株式市場

反発。
取引前半で下落したが、金融株主導で反発して引けた。
米国株式市場の上昇に加え、前日に台湾当局が景気刺激策を発表したことが影響した模様。


上海・深セン株式市場

小反発。
多くの優良株が依然伸び悩む一方で、中国が小売電力料金を引き上げるとの観測から電力株が上昇した。


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。