米国株式市場

米国株式市場のページを説明

スポンサードリンク
「ポチっ」とご協力お願いします!

このブログの現在の人気ランキングは!?

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  人気ブログランキング 株式

最新の記事

★米株式市場、小幅続伸。NYダウは3営業日ぶりに8500ドルを回復。

株式市況/株式情報 ブログ


米国株式市場 26日


26日の米株式相場は、薄商いの中、小幅ながら続伸となった。

ダウ工業株30種平均は前営業日比47ドル7セント高の8515ドル55セントと3営業日ぶりに8500ドル代を回復し、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は5.34ポイント高の1530.24で取引を終えた。


ゼネラル・モーターズ(GM)が、同社の出資する自動車・住宅ローン会社GMACの銀行持ち株会社移行が承認されたことを好感され大幅高となったほか、原油価格の上昇を受けてエネルギー株が買われた。


24日、FRBが、GMの関連金融会社で自動車ローンを手掛けるGMACの銀行持ち株会社化を承認した。

これによりGMACは、財務省の不良資産救済プログラム(TARP)の対象となり、GMの経営再建に向けてのプラス材料とみなされ、GM株は約13%の上昇となった。


また、米原油先物が1バレル=37ドルを上回る水準に急反発し、エクソンモービルが1.9%、シェブロンが1.1%と、堅調に推移したこともダウ平均を押し上げた。


一方、クリスマス明けのこの日、S&P小売株指数は0.1%安となった。

前日にスペンディングパルスが発表したデータによると、年末商戦期の米小売売上高は、景気低迷や悪天候の影響でここ数十年で最悪の結果となった模様。


今年のクリスマス商戦の売上高が過去最高となったアマゾン・ドット・コムは0.7%の上昇となったが、個人消費の先行き警戒感は上値の重さにつながった。



■「株式マニュアルアナリスト」厳選3商材

 ★最強の完全自動売買ソフト!ドリームゲートU  \39,800

 ★渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム  \36,900

 ★バサラ投資術   \29,800



■株式投資情報 関連サイト

 >> 株式投資情報ランキング

 >> 株式人気ブログランキング


■米国株式市場(22日):NYダウは4営業日続落。GMも急落。

株式市況/株式情報 ブログ


■米国株式市場(22日)


22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日続落となった。
終値は、前週末比59ドル42セント安の8519ドル69セント。

景気後退により企業業績の先行き懸念が強まったほか、年末商戦が過去約40年間で最悪になるとの懸念から小売株が売られた。


ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反落。
前週末比 31.97ポイント安の1532.35で終えた。


日本ではトヨタ自動車(7203)が2009年3月期の営業損益が赤字になる見通しと発表。

米国ではドラッグストア大手のウォルグリーンが発表した第1・四半期(9〜11月期)決算は利益が市場予想を下回り、景気低迷を背景に新規出店を抑制する方針を示した。

米政府によるつなぎ融資の決定を受け、前週末には急騰していたゼネラル・モーターズ(GM)は、既存の株主は不利な状況に置かれるとの見方から急反落となった。


幅広い銘柄に売りが広がり、ダウ平均は200ドルを超える下げ幅となる場面があった。


S&P500種株価指数は16.25ポイント安の871.63。

業種別S&P500種株価指数では「金融」が4%安となるなど全十業種が下落。


シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)は、大証終値比終値から115円安の8625円。
円建て終値は、大証終値比−240円の8500円。



■「株式マニュアルアナリスト」厳選3商材

 ★最強の完全自動売買ソフト!ドリームゲートU  \39,800

 ★渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム  \36,900

 ★バサラ投資術   \29,800



■株式投資情報 関連サイト

 >> 株式投資情報ランキング

 >> 株式人気ブログランキング

■米株式市場:自動車救済発表されるも買い続かず。ダウは3日続落。

株式市況/株式情報 ブログ


■米国株式市場 19日


19日の米株式市場でダウ工業株30種平均の終値は3日続落。
前日比25ドル88セント安の8579ドル11セント。


米政府による174億ドルの自動車大手救済策が発表され買い先行で始まった。
自動車救済策の発表で楽観的な見方が広がり株価は一時2%上昇。

ただ、米景気悪化への懸念などから次第に売りが優勢となり、下げに転じて終えた。

一方で、ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりの反発となった。


自動車救済策は、各社に対して比較的短期間での問題修復を求めている。
今回発表されたつなぎ融資の決定は「時間稼ぎにすぎない」との見方も多く、つなぎ融資の効果を疑問視する声もあがっている。

GMの先行きや米景気悪化への不安は根強く、相場全体の重しとなっている。


また、小売株が軟調で、S&P小売株指数が1.1%下落。

年末商戦期最後の週末の売り上げが、全米各地の悪天候による影響から伸び悩むものとみられている。


さらに、原油価格がこの日も下落し、エネルギー株が売られた。


自動車株については、自動車大手の破綻を容認するのは責任ある行為といえないとのブッシュ大統領の発言が好感され、GMは約22.6%高の4.49ドルとなった。

フォードも3.9%上昇。




■「株式マニュアルアナリスト」厳選3商材

 ★最強の完全自動売買ソフト!ドリームゲートU  \39,800

 ★渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム  \36,900

 ★バサラ投資術   \29,800



■株式投資情報 関連サイト

 >> 株式投資情報ランキング

 >> 株式人気ブログランキング

■16日のシカゴ日経平均先物・NY日本株ADRの状況

株式市況/株式情報 ブログ


<シカゴ日経平均先物>


シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)

 終値 9040 (大証終値比+480)


シカゴ日経平均先物3月限(円建て)

 終値 8860 (大証終値比+300)


大証日経平均先物3月限

 終値 8560



<日本株ADR>


16日の米国株式市場での日本株ADRはほぼ全面高となった。

米株式相場が大幅高となったことからほとんどの銘柄が上昇。

アドバンテストが14.7%の急伸となったほか、京セラ、三菱UFJが7%超の上昇。

トヨタ自動車も6%高。


・ 日立  406
・パナソニック 1066
・ソニー 1899
・アドバンテスト 1349
・京セラ 6643
・トヨタ 3103
・ホンダ 2034
・キヤノン 2787
・三菱UFJ 530
・みずほFG 245640
・NTT 461198
・ドコモ 176398
(数字はNY終値円換算値)



■「株式マニュアルアナリスト」厳選3商材

 ★最強の完全自動売買ソフト!ドリームゲートU  \39,800

 ★渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム  \36,900

 ★バサラ投資術   \29,800



■株式投資情報 関連サイト

 >> 株式投資情報ランキング

 >> 株式人気ブログランキング


■12日のシカゴ日経平均先物と日本株ADR状況


株式市況/株式情報 ブログ


<シカゴ日経平均先物>

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)

 終値 8715 (大証終値比 +425)


シカゴ日経平均先物3月限(円建て)

 終値 8535 (同 +245)


大証日経平均先物3月限

 終値 8290



<日本株ADR:NY市場>


12日の米株式市場での日本株ADRは上げが目立った。

同日の米株式相場が売り先行後、上げに転じて終えたことが支援材料となった模様。

みずほFG、三菱UFJなどが上昇。
NTTやクボタなども高い。

一方で、米自動車大手救済をめぐっての不透明感からホンダや日産自動車、トヨタ自動車が売られた。



■株式投資情報 関連サイト

トップトレーダーが行う一人勝ち空売り極秘テクニック
規制にかからない極秘の空売り手法とは?



 >> 株式投資情報ランキング

 >> 株式人気ブログランキング

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。