東京株式市場

東京株式市場のページを説明

スポンサードリンク
「ポチっ」とご協力お願いします!

このブログの現在の人気ランキングは!?

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  人気ブログランキング 株式

最新の記事

■東京株式市場 今週の見通し:下値は意外と堅そうだが、上値は重い展開。

株式市況/株式情報 ブログ


東京株式市場 今週の見通し


今週、といっても1日半の取引だが、日経平均株価は下値は意外に堅そうなものの上値は重い展開が予想される。



米オバマ次期大統領が大胆な景気対策を打ち出すであろうとの期待感から、世界的な株安にはひとまず歯止めが掛かっている状態にある。

ただ、トヨタ自動車が今期赤字転落となる見通しを発表したことをきっかけに、上場企業全体の業績悪化懸念が強まっており、先行き不安も根強い。

薄商いとなるなか、場合によっては荒い値動きも想定される。



26日の東京株式市場では、日経平均株価は140円高の8739円と続伸。

東証1部の売買代金は6700億円と、前日(5833億円)は上回ったものの超閑散の相場となった。


また、今週は国内では目立った経済指標の発表もなく、企業も年末年始の休暇に入るため材料不足となることは必至であると思われる。




■「株式マニュアルアナリスト」厳選3商材

 ★最強の完全自動売買ソフト!ドリームゲートU  \39,800

 ★渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム  \36,900

 ★バサラ投資術   \29,800



■株式投資情報 関連サイト

 >> 株式投資情報ランキング

 >> 株式人気ブログランキング

東京株式市場 22日(月)の見通し:日経平均はもみあい。休日控え動意に乏しい展開か。


株式市況/株式情報 ブログ


東京株式市場 22日(月)の見通し


今日の東京株式市場で日経平均株価はもみあいの展開となるとみられている。

クリスマス休暇のため、海外投資家が不在となる一方、国内においても明日23日は休日となるため、動意に乏しい展開となる見通し。

日経平均は8500円を挟んだ比較的狭いレンジででの動きとなるものと思われる。



米国政府が米自動車大手へのつなぎ融資を行うことを表明し、ひとまず破綻は回避されたとして安心感が広がっている。


ただ、日銀が追加利下げをしたにもかかわらず、為替の円高基調は変わらない状況で、引き続き、自動車などの輸出株が売られやすい状態になっている。


本日も、取引時間中の為替動向に影響される展開となるものと思われる。



業種別としては、日銀の利下げを受けて金融や内需関連が物色される可能性がある。

一方、原油価格の下落で、エネルギー関連株は軟調となりそうだ。

19日のWTIの中心限月1月物は一時、1バレル=32.40ドルまで下落している。


また、今日は大引け後に、トヨタ自動車(7203)の記者会見が予定されており、こちらにも注目が集まる。




■「株式マニュアルアナリスト」厳選3商材

 ★最強の完全自動売買ソフト!ドリームゲートU  \39,800

 ★渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム  \36,900

 ★バサラ投資術   \29,800



■株式投資情報 関連サイト

 >> 株式投資情報ランキング

 >> 株式人気ブログランキング


★今日の市況予想(18日):日経平均は反落。米株安・円高からほぼ全面安の展開か!?

株式市況/株式情報 ブログ


東京株式市場 今日の市況予想(18日)


今日の東京株式市場で日経平均株価は反落となる見通し。

17日の米国株式市場の下落と円高基調の影響から、輸出株を中心にほぼ全面安となる展開が予想される。
 

国内の株式にとっては、急激に進んだ円高が大きな重しとなっている。

17日には、ホンダ(7267)が3度目の業績予想の下方修正を発表するなど、輸出関連は大幅な減益見通しが相次いでいる。

また、自動車の不振に伴い、鉄鋼などの関連業種にも影響が及ぶ恐れが出てきている。


17日のシカゴ日経平均先物の終値では、8815円まで上昇しているが、ここ数日のシカゴの動きは東京市場の動きとは乖離しているので、それほど意識されないものとみられる。


ただ、今日の日経平均は、25日移動平均線である8314円04銭(17日)が下値抵抗線として意識されるものとみられ、この水準では公的年金などの押し目買いが入る可能性もある。


また、FRBの利下げを受けて、18日〜19日の日銀金融政策決定会合での利下げへの期待が一部では高まっている。

今日も取引時間中の為替動向が国内株式に影響を及ぼすものとみられる。




■「株式マニュアルアナリスト」厳選3商材

 ★最強の完全自動売買ソフト!ドリームゲートU  \39,800

 ★渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム  \36,900

 ★バサラ投資術   \29,800



■株式投資情報 関連サイト

 >> 株式投資情報ランキング

 >> 株式人気ブログランキング

 

【東京株式市場 来週の見通し】波乱要因が満載!様子見を決め込むのも有りでは!?

株式市況/株式情報 ブログ


東京株式市場 来週の見通し(15〜19日)


来週の東京株式市場は、波乱となる要因が満載である。


米自動車大手救済法案の廃案となった後、米政府が金融安定化法に基づいた経営支援を検討すると明らかにしたが、たとえ金融安定化法による支援が実現したとしても一時的な措置で、自動車大手をめぐる不透明感は根強い。


そして、来週は経営悪化が続く米大手金融機関の決算や足元の景気悪化を示すとみられるマクロ指標の発表予定が目白押しとなっている。


海外では15日に10月対米証券投資、11月米鉱工業生産、11月中国鉱工業生産、12月米住宅建設業者指数、16日に11月米住宅着工件数、11月米消費者物価指数、11月米実質所得と経済指標の発表が予定されており、足元の景気悪化を示すことになるとみられる。

さらに16日のゴールドマン・サックス、17日のモルガン・スタンレーと経営不安が依然払しょくされない米金融機関の決算発表も予定されている。


また来週は、日米欧の中央銀行が、そろって政策決定会合を開く。

米国FOMCは、16日に0.75%の大幅利下げと量的緩和の拡大を決めるとの見方が出ている。

欧州中央銀行も18日の理事会で利下げ実施を決める可能性はある。

日本銀行は、18日、19日に政策決定会合を開く。

15日に発表となる日銀短観で明らかになった景況感の急悪化をどのように受け止めるのかに注目が集まる。

日銀が追加利下げを含む果断な金融・為替安定化政策を打ち出さないと、円高進行による株安の流れに歯止めかかからないとの危惧の念も出ている。

急激な円高が一段と進めば国内輸出企業のさらなる業績下方修正懸念も下押し要因となる。



来週は、相場の変動要因が多すぎるため、どこが下値かを見極めるのは困難となりそうだ。

様子見を決め込み、慌てずに22日(月)に割安株の下値拾いをするのも良いかもしれない。



■株式投資情報 関連サイト

トップトレーダーが行う一人勝ち空売り極秘テクニック
規制にかからない極秘の空売り手法とは?



 >> 株式投資情報ランキング

 >> 株式人気ブログランキング

【東京株式市場 今日の見通し】上値は重い展開か。

株式市況/株式情報 ブログ


東京株式市場 今日の見通し 11日(木)


今日の東京株式市場で日経平均株価は、上値の重い展開が予想される。

3日続伸となった後ということもあって戻り売りが出やすいと思われるほか、12日のSQを控えての先物などの動きに警戒感もあり積極的な買いは見送られるものとみられる。


昨日10日の日経平均は、米自動車大手の救済法案でホワイトハウスと議会民主党が原則合意したことを受けて、これまでの上値の壁となっていた8500円水準を上抜けた。

しかし、その後の米国株式市場では救済法案が成立するかどうかの政治的リスクも意識され、米ダウ工業株30種はもみ合いの展開となり、70.09ドル高で取引を終えた。


これを受けて、東京市場でも、同様に救済法案成立に向けた不透明感がくすぶるとみられ、積極的に上値を買い上がる展開にはなりにくいものと思われる。


日経平均株価は、これまで3日続伸となっており、750円近く上昇しているので、戻り売りや利食い売りが出やすくなっているものと思われる。

また、12日にSQを控えて先物などへの警戒感も強い。


注目したいのは、日経平均が10日にクリアした8500円水準の節目や25日移動平均線(10日終値ベースで8397円74銭)を維持できるかどうかというところ。



■株式投資情報 関連サイト

トップトレーダーが行う一人勝ち空売り極秘テクニック
規制にかからない極秘の空売り手法とは?



 >> 株式投資情報ランキング

 >> 株式人気ブログランキング




スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。